初期費用や利用価値は?太陽光発電は災害に対応するエネルギー!

太陽光発電についてもっと知ろう

太陽光発電のパネルが屋根に設置してある住宅をよく目にしますが、数十年前に比べるとその普及がかなり進んでいることが伺えます。太陽光発電という言葉は、今や誰もが知っているほどの認知度になりました。しかし太陽光発電のシステムやそのメリットを熟知している人はあまり多くありません。システムを導入するには一体どれくらいの費用がかかるのかや、経済面から見たメリットは本当にあるのかなどの疑問を持っている方も多いかと思います。今回はそんな太陽光発電の初期費用や利用価値について考えてみましょう。

気になる初期費用はどれくらい

太陽光発電システムの設置費用はその規模によっても異なりますが、一戸建てに設置する際の平均的な費用としては、150万円前後と言われています。金銭的な感覚的としては、新車を購入するイメージでいいと思います。太陽光発電の設置には、駐車場やガソリン代はかかりません。電気を自家発電することで電気代がかからなくなるという点が、通常の買い物とは全く違ってきます。さらに必要以上の電気を作り出せた時には、余った電気を電力会社に売ることができるところが、何よりも画期的なところです。

更なるメリットもある

台風などの被害により停電が起きても、太陽光発電があれば停電中でも電気を使うことができます。太陽光発電のシステムが使えるのは、通常は昼間の時間帯だけですが、蓄電池を併用すれば日中に貯めた電気を夜に使うことが可能になります。太陽光発電システムを導入するということは、災害に対応するエネルギーに変えるということでもあるのです。

太陽光発電の価格は、約200万円から350万円です。メリットは電気代がかからなくなること、更に売電による収入が得られることです。一括見積もりサイトを利用する事でメリットも出てきます。