青色申告と白色申告では、何がどう違うのでしょうか。

個人事業主は税金の手続きを自分でします。

一般の給与所得者は会社で税金の手続きなどをしてもらえる場合が多く、自分で確定申告をするのは、2箇所以上から収入がある人や、何らかの還付を受けられそうな人くらいです。しかし、個人事業をしている人は、税金の手続きを自分でやる必要があります。

個人事業主が確定申告をする場合には、青色申告と白色申告の二つの申告方法があり、それぞれに応じて選ぶことができます。

青色申告と白色申告の違いは?

青色申告と白色申告はどう違うのでしょうか。

青色申告と白色申告で違うものの一つは帳簿の付け方です。青色申告は複式簿記での帳簿付けが義務付けられています。日々の取引をもとに経費をきちんと記録して、損益計算書や貸借対照表を作り、確定申告書と控除に証明する書類と青白申告決算書を提出します。そのため、申告に際しては十分な準備が必要です。それに対して白色申告は、簡単な単式簿記の帳簿付けでよく、確定申告書と控除に関する書類の提出のみですみます。

また、青色申告するためには、事前に税務署に申請が必要ですが、白色申告では特に必要ありません。申請をおこなわなければ、白色申告ということになります。

面倒だけどメリットが大きい青色申告

では、そのような煩瑣な手続きのある青白申告がなぜ選ばれているのでしょうか。それは、白色申告では受けられないいくつかの特典があるからです。まず、65万円の特別控除が受けられます。また、3年間赤字が繰り越せたり、家族への給与を経費にすることなどができます。つまり節税できるということです。そのため、所得が増えるほど青色申告が選ばれる傾向があります。

白色申告のメリットは簡便さ、青色申告のメリットは節約ということです。事業の状態に応じて、適切に選ぶことが大切です。

毎年税務署に申告する方法として白色申告と青色申告があります。青色は前もって税務署に届ける事によってできる方式で、所得税率が低くなります。