ホームページのSEO対策は内的SEOに絞る方が良い!

内的SEOと外的SEO

SEO対策として一般的には内的SEOと外的SEOがあります。内的SEOはホームページの中身を作り込むことによって、SEO対策をするものです。それに対して外的SEOは、外部からの力を借りてSEOをする方法です。検索エンジンの評価基準に、外部からリンクが張られていることというものがあります。そのため、外部からリンクを張ってもらうことでSEO対策になるのです。しかし、このリンクの張り方が自然に見えないと、ペナルティを受ける可能性が低くありません。これは不自然なリンクを検索エンジンが嫌うからです。この点を考慮すると、外的SEOはSEO対策の中でも難しい部類に入るかもしれません。

自分の努力でSEO対策ができる内的SEO

内的SEOは外的SEOとは違って自分の努力でできるものです。キーワードの最適な配置、文字数を増やす、ページを増やすなど、努力次第でいくらでもSEO対策ができます。しかし、内的SEOの場合はすぐに効果がでないことが多いので、なかなか続けることが難しいです。ただ、ホームページを長く使うつもりなら内的SEOは続けた方が良いでしょう。続けているうちに効果が出るポイントがあるからです。そのポイントを越えると、すぐに効果が実感できます。外的SEOなら効果はすぐに出ることがありますが、効果が消えるのも早いです。それに比べて内的SEOは効果が持続する可能性が高いです。地道に努力する分、効果は長く続くのです。また、内部SEOでは手間さえ惜しまなければ、費用はかかりません。この点もメリットでしょう。

ホームページ作成とSEO対策は切っても切れない関係にあります。SEOとは、Webサイトが検索エンジンの検索結果の上位に表示されるようにする対策です。この対策は訪問者増加のために欠かせない手法です。