事業継承のポイントは時間をかけること!いいものを作るには時間がかかる!

事業継承は会社の大イベント

事業継承をするということは、会社のトップが変わることを意味します。トップが変われば会社も変わっていくことになるでしょう。事業継承は会社の変革が起きる大きなイベントなのです。そのような大きなイベントを時間をかけずに安易に進めようとすると、ほころびが出てきてしまいます。世代交代を上手くしている会社では、事業継承を最善の形でするために、何年も時間をかけて次世代の経営陣を育てています。準備、計画、人選、教育、引き継ぎなどの行程を考えると急にできるものではないと分かるでしょう。また、特に時間をかけられるのであれば、計画と教育に時間をかけましょう。しっかりと計画を練って、教育を受ける側に合わせた進め方ができれば、事業継承の成功に大いに役に立ちます。

諦めずにこつこつと進める

事業継承はどんなに素晴らしい計画を立てても、スムーズに進めることができないことが多いです。会社にいる人が全て味方ではないので、計画を阻止しようと企む人が出てくるからです。そのために、自分に都合のよい方向にシナリオを書き換えようとします。介入、圧力、誘惑などによって当初の計画を変更させようと、暗躍するのです。そのような邪魔が入るとなかなか前に進まなくなります。しかし、そこからが事業継承の重要なポイントです。時間をかけることでそのような人を味方に引き入れるのです。じっくり時間をかけることで共感を得て、賛同してもらえるように説得します。事業継承ではそんなことの繰り返しが必要になります。愚直に諦めずに進めると賛同してくれる人は増えていくでしょう。

事業承継の準備が必要でありながら、先延ばしにする人も多いです。後継者を立てていれば今後の取引先との信頼関係を維持し、事業の発展や従業員の確保にもつながります。立つ鳥跡を濁さずが大切です。