自分たちで作り出せる?オリジナル電気製品の魅力

自作が可能となった電気製品

DIYによって様々な家具が自分たちで作れるようになった中、更なるDIYとして注目を集めているのが自作の電気製品です。

扇風機やダウンライトなど欲しいと思っていても既製品では納得できなかったり、自分が思っているものを購入できないというケースは少なくありません。そのため自作して自分たちが納得して利用できる電気製品を作り出してしまおうという考え方が、徐々に浸透してきていると言います。

実際に電気製品を自作するのは難しいのではないかと思われがちですが、小さな部品を組み合わせていく工程は慣れれば比較的簡単にできるようになると言います。

自作と既製品の違いとは

電気製品の自作と既製品の大きな違いは、応用できるかどうかだとされています。

既製品の場合はすでに製品として出来上がっているので使用できる場所や空間が限定されており、DIYで自宅に取り入れる時にはそのままの形で導入するしかありません。下手に分解すると危険なので、人によっては思い通りに設置できないという場合もあります。

それに対して自作した電気製品はDIYの中に取り入れること前提で組み立てるようになるので、様々な場所に応用することができます。このため取り入れる場所に応じた形にすることができるので、納得のいく形で導入が可能です。

場合によっては業者に発注することも

自作するのが難しい、ノウハウがよくわからないという場合には、既製品ではなく専門の業者に注文して制作してもらうという方法もあります。こちらを利用すれば費用は高くなりますが、自分たちの納得のいくオリジナル電気製品を利用できるという点がメリットです。

プリント基板実装には2つのタイプがあり、基盤の表面にはんだ付けをして実装させる表面実装と、基盤の穴に電極リード端子を挿入してはんだ付けを行う挿入実装の2タイプがあります。最近の主流は表面実装です。