タクシー運転手として働くことの魅力は何!?

乗客に直接感謝される

乗客の「ありがとう」という言葉に仕事のやりがいを感じる方は多いです。乗客を目的地まで送るのは至極当たり前の業務ですが、やはり感謝されると嬉しいのは全ての人間に共通しています。もちろん、時間がかかるなどの不手際があればお叱りの言葉もあります。ただ、なぜ乗客を不快にさせてしまったのか、そしてこれからはどのように行動するべきか直ちに反省できるので叱責も糧にしなければいけません。世の中には自分の仕事がどこの誰に役立っているか分からないケースもあるので、その中で直接感謝される仕事に携われるのは幸せだと言えます。

場所によって収入も変わる

組織に属して運転手している場合は走行エリアなどが決められているかもしれませんが、そうでない場合は自分で稼げそうなエリアに向かうしかありません。イベントがあれば多くの人がタクシーを利用しますし、飲み屋街なども利用客が多いです。タクシー運転手はどれだけ多くの乗客を乗せたかが大切なので、もしほとんど乗客がいなければ一日数千円程度の売り上げになってしまいます。なので赤字にならないように考えを巡らすことも重要で、タクシー運転手の楽しみの一つです。

人間関係には悩まない

人間関係の不和で退職してしまう方は非常に多いですが、タクシードライバーは基本的にお客様を相手にするので同僚と連携して遂行する仕事ではありません。全て自分の責任ではありますが、連携して仕事をするのが苦手な方は精神的に楽です。一人の仕事が好きな方は天職とも言えます。

役員運転手の仕事はまずお客を拾うという難しいことをする必要がありません。そして、スケジュールが立ちやすいので、精神的に安定することができます。収入に関しても浮き沈みが少ないのが特徴です。